ジャガイモの育て方

ジャガイモ

基本情報

分類 ナス科
植え付け
(春)2月下旬~3月下旬
(秋)8月下旬~9月上旬
収穫 (春)5月下旬~6月下旬
(秋)11月下旬~12月上旬
連作障害 2~3年あける
発芽適温 15~20℃
生育適温 15~24℃

植え付け準備(春植えのみ)

  • 大きな種イモは1片が40グラム程度、芽が2~3個ずつ均等に付くように縦方向に切り分ける。
    小さな種イモはそのまま使用する。
  • 切った種イモは風通しの良い日陰に置いて、2~3日切り口を乾燥させる。
  • 乾燥させる時間がない場合は、じゃがいもシリカなどの腐敗防止剤を使用する。

秋植えの種イモは切らない

秋植えのジャガイモは、植え付け時期の気温が高く種イモが腐りやすいので、種イモは切らずにそのまま使います。
種イモを切らずに使用するので、種イモには小ぶりのものを選ぶようにしましょう。

植え付け

  • 畝の中央に深さ20cmほどの溝を掘り、株間30cmで種イモを並べていく。
  • 並べた種イモと種イモの間に、堆肥をひとつかみ入れて埋め戻す(置き肥)。
  • 春植えのジャガイモは、発芽後の芽が霜にあたると枯れてしまうので遅霜の心配がなくなってから植え付ける。

石灰は控えめに

ジャガイモは弱酸性土壌を好む野菜です。
アルカリ性の土壌だと「そうか病」というイモの表面が荒れる病気が発生しやすくなるので、植え付け前の石灰は控えるようにしましょう。

芽かき

  • 発芽して芽の高さが10~15cmになったら、生育の良い芽を2本残して他の芽をかき取る。
  • 種イモごと抜けてしまわないように根元を押さえて引き抜くか、もしくは地際でハサミで切り取る。

追肥・土寄せ

  • 芽かきの後に、1回目の追肥と株元への土寄せを行う。
  • 2回目の追肥と土寄せは、蕾がつき始めた頃に行う。

ジャガイモは土寄せが大切

ジャガイモは種イモよりも上に新しいイモができるので、土寄せをしないとイモが地上に出てきてしまいます。
日光に当たって緑化したジャガイモには毒があり、食べられなくなってしまうので、土寄せはこまめに行うようにしましょう。

収穫

  • 茎や葉が黄色くなって枯れ始めたら、株元を掘り起こして収穫する。
  • 収穫したイモが湿っていると腐りやすくなるので、2~3日晴れの日が続いて地面が乾燥しているときに収穫する。

「野菜の育て方早見表」に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

86年生まれの酒が飲めない九州男児。 家庭菜園が好きすぎて自分の畑を手に入れるためだけに農家になった。 5年前に新規就農し、現在は野菜のネット販売でお金を稼ぎながら家庭菜園を楽しむ「JAに野菜を売らない農家」。 現在家庭菜園16年目。