トウモロコシの育て方

とうもろこし

基本情報

分類 イネ科
種まき 4月下旬~5月下旬
収穫 7月中旬~8月中旬
連作障害 連作障害は出にくい
発芽適温 25~30℃
生育適温 20~28℃

種まき

  • 幅1メートルの畝をたて、株間30cm、条間50~70cmで直まきする。
    1か所に3粒ずつ種をまき、1cmほど覆土する。
  • 受粉しやすくするため、必ず2列以上で栽培すること。
  • 発芽するまでは、不織布などで鳥よけをする。

育てるトウモロコシは1品種のみ!

トウモロコシは交雑しやすいので、同じ畑で異なる品種を栽培することはできません(キセニア現象)。
複数の品種を栽培したい場合は、種をまく時期を2週間以上はずらしましょう。

間引き

  • 本葉1~2枚になったら不織布を外し、1か所2本に間引く。
  • 本葉が4~5枚(草丈20~30cm)になったら、さらに間引いて1本にする。
  • 根を傷めないように、間引く苗は引き抜かずにハサミで切り取ること。

追肥・土寄せ

  • 2回目の間引きをして1本になったら、株元に軽く追肥を行う。
  • 1回目の追肥から半月後に2回目の追肥を行い、雄穂が出始めたころに3回目の追肥を行う。
  • 株を倒れにくくするため、2回目と3回目の追肥後には株元にしっかりと土寄せを行う。
    ※マルチ栽培の場合はしなくてもいい

わき芽は取り除かない

トウモロコシは成長すると株元からわき芽が生えてきますが、これは取り除かずに残しておきましょう。
無理に取り除くと、株が倒れやすくなったり生育が悪くなる原因になります。

人工授粉

  • 雄花が開いたら、雄穂を手で揺らして花粉を落とし雌穂のヒゲに受粉させる。
    雄穂を切り取って、直接雌花に擦りつけて授粉させてもよい。
  • 株数が多い場合は自然に受粉されることが多いが、人工授粉をした方が実の入りは良くなる。

受粉したら雄穂を切り取る

受粉して雌穂が膨らみ始めたら、株の頂点にある雄穂はすべて切り取ってしまいましょう。
トウモロコシの害虫である「アワノメイガ」は雄穂の花粉に誘われるので、雄穂を処分することで被害を減らすことができます。

摘果

  • 1つの株に雌穂が2つ以上ついたときは、一番上部にできた1本を残して早めにかき取ること。
    かき取った穂は「ヤングコーン」として食べることができる。

収穫

  • 雌穂が膨らんでヒゲが茶色く枯れてきたら収穫適期。
    雌穂を手で持ち、下向きに倒すようにして折り取って収穫する。
  • 生のトウモロコシは味の劣化が早いので、収穫後は早めに調理する。

「野菜の育て方早見表」に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

86年生まれの酒が飲めない九州男児。 家庭菜園が好きすぎて自分の畑を手に入れるためだけに農家になった。 5年前に新規就農し、現在は野菜のネット販売でお金を稼ぎながら家庭菜園を楽しむ「JAに野菜を売らない農家」。 現在家庭菜園16年目。