夏の家庭菜園にはスプリンクラーが最適!

スプリンクラー

毎日暑い日が続いていますね!

連日の猛暑に加え、今年は雨も少ないので畑もカラカラなのではないでしょうか。
普段は「畑の水やりは自然の雨まかせ」という方も、さすがに今年の夏は水やりをしているかと思います。

暑い犬

でも、「毎日ちゃんと水やりをしているのに野菜が元気にならない」
今年はそんな方が多いのではないでしょうか。

もしかしたらそれは、暑さで野菜が水を吸収できていないのが原因かもしれません。
そんな方には、家庭用の「スプリンクラー」の導入がオススメです。

水をやっても野菜が元気にならない理由

じょうろ

「夏場の水やりは早朝か夕方に」
家庭菜園の経験者であれば、おそらく聞いた事があるのではないでしょうか。

夏の昼間は地面の温度が非常に高いので、水をやるとまいた水がお湯になってしまいます。
これでは野菜が水分を吸えないばかりか、逆に根を痛めてしまいます。

そのため、地温が下がる早朝か夕方の時間帯に水をやるのが良いと言われているのですが、今年のように連日猛暑が続き、夜になっても地面の温度が下がらない状態が続くと、何時になっても水をやるタイミングがなくなってしまいます。
加えて、地温が下がらない日が続くと野菜の根も弱ってくるので、「水を吸収する能力自体が下がってしまう」ことも野菜が元気にならない原因の一つになっています。

つまり、あまりにも猛暑が続くと、「水をやってもやらなくても野菜が弱る」という野菜にとって最悪の状況になってしまうのです。

この状態になってしまうと、もはや水をまき続けて地面の温度を下げるしか方法は無いのですが、ジョウロやホースでは、真夏の畑で何時間も水をまき続けるなんてことはとてもできませんよね?

こんなときに役立つのが家庭用のスプリンクラーです。
スプリンクラーなら自動で水をまき続けてくれるので、地面の温度を下げて野菜の元気を取り戻してくれます。

スプリンクラーを使うメリット

1.自動で水やりをしてくれる

真夏の地面は思っている以上に乾燥しているので、しっかりと水をやったつもりでも意外に地面の表面しか濡れていないことが多いです。
スプリンクラーなら雨が降るように少量の水をまき続けてくれるので、じわじわと地中深くまで水をしみ込ませることができます。

ジョウロや手動の散水機のように人が操作する必要がないので、水やりに長い時間を取られることもありません。
水を出したらその場を離れて、数時間後に水を止めに来るだけでいいんです。

2.地面の温度を下げてくれる

スプリンクラーは自動で水をまくだけでなく、地面の温度を下げる効果もあります。
ジョウロやホースで水をまいた場合でも地面の温度は下がりますが、それは一時的なもので、周囲の気温が高いとすぐに地面の温度も元に戻ってしまいます。

対してスプリンクラーは数時間にわたって水をまき続けてくれるので、常に地面の温度を下げ続けてくれます。
また、スプリンクラーを作動させている間は地面だけでなく周囲の空気ごと冷やしてくれるので、気温の影響も受けにくくなります。

3.昼間からでも水やりができる

「夏場の水やりは早朝か夕方に」が常識ですが、スプリンクラーなら昼間からでも水やりが可能です。
スプリンクラーは水を常にまき続けて地面の温度を下げてくれるので、昼間でも気温の影響を受けにくいからです。

むしろ、日差しの強い正午頃にスプリンクラー使用することで、強烈な日差しによる野菜の「葉焼け」を防いでくれるというメリットもあります。

4.安価で取りつけが簡単

これだけ便利なスプリンクラーだと値段が高そうに感じますが、家庭用のスプリンクラーなら意外と安く買うことができます。
安いものなら1000円未満で購入できるものもありますよ。

取り付けも簡単で、ホームセンターなどで売られているほとんどのスプリンクラーは「スプリンクラー本体」と「畑まで届く長さのホース」さえあれば設置することができます。

 

ホームセンターなどで売られているスプリンクラーはプラスチック製のものが多く、農家が使用する金属製のものと違って、散水能力や強度の面で劣ります。
ですが、「使用しないときは直射日光の当たらない場所に保管する」という基本的な取り扱いができているなら2~3年程度で壊れることはありません。
畑に置いたまま毎日使用するなら別ですが、夏場の一時期しか使わないのであれば5年以上使い続けることもできます。

家庭菜園にオススメのスプリンクラー

一般家庭向けに販売されているスプリンクラーのなかでコスパが高くオススメなのは、「タカギ製のパルススプリンクラーG196」です。

この商品は2000円以下という安価ながら、散水距離や散水角度まで調整できる優れもので、この価格帯のスプリンクラーの中では飛距離も長く「半径9メートル」まで散水することができます。
製品によって多少飛距離に誤差があるようですが、40坪程度の畑ならこれひとつで畑全体をカバーすることができます。

さらに購入の決め手となったのは、この地面に突き刺して固定するための「金属製のベース」です。

固定用ベース

家庭用スプリンクラーは、下の画像のように地面に置いて使用する「円盤タイプ」が多いので、このように地面に刺して固定するタイプは珍しいです。

円盤型

家庭用スプリンクラーは芝生や花壇を対象にしているためか、地面に置いて使用するタイプがほとんどです。
芝生や花壇などの背が低いものなら良いのですが、家庭菜園では背の高い野菜もあるので、地面に置くタイプのスプリンクラーでは野菜が障害物になって遠くまで水が届かないことがあります。
家庭菜園では、ある程度高い位置から散水できるのが理想です。

正規の使用方法ではありませんが、このタカギ製スプリンクラーは「金属製のベースを支柱に括り付ける」ことで高い位置から散水することができるようになります。

スプリンクラー固定

ただし高い位置から散水するほど飛距離も伸びますが、あまり高くすると散水にムラができるので1メートルくらいまでの高さにしておいた方が無難かと思います。

 

日本の気候は年々変化しており、過去の異常気象も今では日常になってきています。
埼玉県熊谷市では41.1度という観測史上最高の気温を記録し、岐阜県の一部地域では「3週間以上1mm以上の雨が降らない」という過去数十年を見ても異常な気候となっています。
もしかしたら、このような地域が今後も増えてくるかもしれません。

猛暑の夏でも安心して家庭菜園を楽しむために、家庭用スプリンクラーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

86年生まれの酒が飲めない九州男児。 家庭菜園が好きすぎて自分の畑を手に入れるためだけに農家になった。 5年前に新規就農し、現在は野菜のネット販売でお金を稼ぎながら家庭菜園を楽しむ「JAに野菜を売らない農家」。 現在家庭菜園16年目。