庭での家庭菜園に必要な道具

庭の菜園

庭での家庭菜園に必要な道具を紹介します。

ここでは10㎡くらいまでの大きさの畑を想定していますので、それ以上の広さの場合はこちらを参考にしてください。

ないと困るもの

必要最低限の道具です。
これだけ揃えておけばとりあえず家庭菜園を始められます。

スコップ

剣先スコップと角スコップ

畑を耕したり畝を作ったり野菜の収穫をしたりと、一通りの作業はこれ1本でこなせます。
先端が尖っている「剣先スコップ」と先が四角い「角型スコップ」がありますが、家庭菜園には土を掘りやすい「剣先スコップ」を選びましょう。

ジョウロ

ジョウロ

普段の水遣りや液肥を与えるときに使います。
「ハス口」が取り外しできるプラスチック製のものが便利です。

あまり小さなジョウロだとハス口からきれいに水が出ませんし、水汲みの回数も増えて面倒です。
6~10リットルくらいの容量で、自分の体力や畑の広さと相談して選びましょう。
※「〇型」と表記されているものもありますが、リットルと同じです。

バケツ

バケツ水を汲んだり野菜を収穫したり、植え付け前の苗に吸水させたりと用途はさまざま。
1個買っておくと、いろいろな場面で役に立ちます。

移植ゴテ

移植ゴテ

苗を植えつけや植え替えに使います。
スコップよりも細かい作業に向いています。
苗を植えるときの簡易な「ものさし」代わりにもなります。

園芸ハサミ

園芸ハサミ

野菜の収穫や整枝だけでなく、紐を切ったり土や肥料の袋を開けたりと家庭菜園には欠かせません。
最初の1本は、これらすべての用途に使用できるクラフトハサミ(画像右側)を購入しましょう。
サビにくいステンレス製がおすすめです。

肥料

園芸肥料同じ畑で野菜の栽培を続けていると、土の中の栄養分が少なくなって野菜の育ちが悪くなります。
栽培期間の長い野菜を育てるときは、定期的に肥料を与えて栄養分を補給してあげましょう。

肥料は水分を含むと劣化するため、保管場所に注意してできるだけ1年で使い切れる量を買いましょう。

堆肥

牛ふん堆肥化学肥料のみで野菜の栽培を続けていると、だんだん土が固くなって野菜が育ちにくくなってしまいます。
堆肥を土に混ぜ込むことで、フカフカの良い土を保つことができます。

堆肥には「鶏糞堆肥」や「牛糞堆肥」などの動物の糞を発酵させたものと、「バーク堆肥」などの樹木の皮を発酵させたものがあります。
鶏糞堆肥は少々扱いが難しいので、慣れないうちはバーク堆肥や牛糞堆肥の使用をおすすめします。

石灰

石灰多くの野菜は弱酸性の土を好みますが、日本では酸性の雨や肥料の影響で自然と土が酸性に傾いてしまいます。
そのため、石灰などのアルカリ資材で酸性の土を中和してやる必要があります。

ホームセンターなどで売っている資材には「消石灰」、「苦土石灰」、「有機石灰」などがありますが、有機石灰 < 苦土石灰 < 消石灰の順で酸度を中和する力が強くなります。
中和する力が強い資材は植物にダメージを与えやすいので、土と混ぜた後1~2週間ほど土に馴染ませてから苗を植え付ける必要があります。

 

あると便利なもの

以下に紹介する道具は、なくても家庭菜園はできますが、あればより作業を便利にしてくれます。

草刈鎌

鎌

草刈りや野菜の収穫に使います。
草刈鎌は用途によっていろいろな種類があるので、一度店でサイズや形状を確認してから購入するといいでしょう。
サビにくいステンレス製の鎌がおすすめです。

鎌の種類と特徴はこちらへ → 草刈鎌の種類と使い方 | 家庭菜園の鎌選び

支柱

園芸支柱

背の高くなる野菜や、つる性の野菜を育てるときにはほぼ必須の道具です。
植えたばかりの苗が根付くまでの支えとしても使います。

苗の支えに使うなら90cmくらいの長さで十分ですが、トマトやキュウリを育てるなら1.8mくらいの長さの支柱が必要になります。

園芸紐

支柱と苗を結んで固定するのに使います。
ビニール紐などの化学繊維と、麻紐などの天然繊維があります。
家庭菜園では、土に混入しても自然に分解される天然繊維がおすすめです。

寒冷紗(防虫ネット)

寒冷紗

害虫に野菜を食害されるのを防ぎます。
発芽直後の種が鳥に食べられてしまうのを防ぐこともできます。

冬野菜の霜よけや、幼苗の保温にも利用されています。

手袋

手袋

手が土などで汚れるのを防ぐことができます。
野菜の中にはトゲのあるものや葉に触るとニオイがつくものもあるので、1つ持っていると役立ちます。

農薬

農薬

野菜も生き物なので、どんなに大切に育ててもときには害虫が付いたり病気になったりします。
早めに対処すれば完治することも多いので、もしものときは農薬の使用も検討してください。

工具箱

工具箱

家庭菜園に使う道具は1カ所に収納しておいたほうが管理がしやすいです。
適当なサイズの箱があれば、あえて専用のものを購入する必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

86年生まれの酒が飲めない九州男児。 家庭菜園が好きすぎて自分の畑を手に入れるためだけに農家になった。 5年前に新規就農し、現在は野菜のネット販売でお金を稼ぎながら家庭菜園を楽しむ「JAに野菜を売らない農家」。 現在家庭菜園16年目。