ニラの育て方

ニラ

基本情報

分類 ヒガンバナ科
種まき 3月上旬~3月下旬
植え付け
5月中旬~6月中旬
収穫 4月上旬~9月下旬(2年目以降)
連作障害 1~2年あける
発芽適温 15~25℃
生育適温 17~22℃

種まき

  • ポットやセルトレイに4~5粒ずつ種をまき、薄く覆土する。
  • 発芽したら間引いて3本立ちにし、草丈が20cmほどになるまで育苗する。

植え付け

  • 草丈20cmほどになった苗を、株間30~40cm、畝幅60cmで植え付ける。
  • 2~3年連続して収穫できるので、植え付け場所を考えること。

追肥・土寄せ

1年目

  • 植え付けの1か月後から追肥を行う。
  • 1か月に1回のペースで追肥(4月~9月)をし、その都度生長点(葉の分かれ目)の下あたりまで土寄せする。

2年目以降

  • 収穫に合わせて株元に追肥を行い、生長点の下あたりまで土寄せする。

収穫

  • 草丈が20~25cmほどになったら、株元から3~4cmを残して刈り取る。
  • 刈り跡からまた新しい葉が伸びてくるので、年に2~3回は収穫できる。
  • 7~8月ごろに伸びる花芽(花ニラ)は、株を弱らせないために必ず摘み取ること。

花ニラ

7~8月頃になると花芽が伸びだします。
花が咲くと株が疲れてしまうので、蕾のうちに茎ごと摘み取るようにしましょう。
収穫した花茎は「花ニラ」として食べることができます。

黄ニラ

刈り取った後の株に黒マルチを2枚重ねにして遮光しておくと、1か月ほどで「黄ニラ」を収穫することができます。
黄ニラは通常のニラよりも柔らかく、ニラ独特の匂いも少なくなります。
黄ニラの栽培は株への負担が大きいので、真夏と連続しての栽培は避けるようにしましょう。

株分け

  • 植え付けから3年くらいすると、株が密集して生育が悪くなるため株分けを行う。
  • 株分けの適期は4月頃と9月頃。
  • 株元から10cmくらいの高さで刈り取ったあと株を掘り上げ、1株に3~4本の芽がつくように株分けする。
  • 株分けしたら他の畝に植え替えること。

「野菜の育て方早見表」に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

86年生まれの酒が飲めない九州男児。 家庭菜園が好きすぎて自分の畑を手に入れるためだけに農家になった。 5年前に新規就農し、現在は野菜のネット販売でお金を稼ぎながら家庭菜園を楽しむ「JAに野菜を売らない農家」。 現在家庭菜園16年目。